iDeCo加入中に死亡したらどうなる?

iDeCoは、退職後の第二の人生を安定したものにし、充実した幸せな老後を送るために、資金を準備するための私的年金です。

 

現役時代に、iDeCo加入によって享受できる税制上の優遇を受けながら、老後資金形成を図ることができます。誰もが、老後を、第二の人生を楽しむために準備をします。

 

ところが、長い人生、途中で加入者が死亡するという不運に見舞われることもあります。起こってほしくないことですが、だれにでも起こる可能性があります。

 

そんな時、iDeCoは、残された遺族のために何かできることがあるのでしょうか?遺族は、どんなことをしなければならないのでしょうか?

 

iDeCo加入中に、加入者が死亡した場合について、ご説明します。

 

 

iDeCo加入中に加入者が死亡したら、死亡一時金が支払われる!

iDeCoには、税制上の大きなメリットが3つありました。月々の掛け金が全額所得控除、運用益が非課税、受取り時の所得控除の3つです。それと同時に、60歳まで引き出せないというデメリットもありました。

 

では、加入者が加入途中で死亡した場合、掛け金はどうなるのでしょうか?

 

最初に結論を言います。死亡一時金が支払われます。

 

iDeCoには、3種類の給付があります。原則60歳になってから受け取れる老齢給付金、70歳になるまでに一定の障害状態になった時に請求できる障害給付金、そして加入者の死亡後、遺族が請求できる死亡一時金です。

 

iDeCoの死亡一時金というのは、死亡した加入者がiDeCoで運用していた全資産の残高が充当されます。つまり、保険のようなものではなく、あくまで加入者が掛けて、運用していたトータルの金額が死亡一時金として、60歳を待たずに支払われます。

 

 

 

 

 

運用していた投資信託などは、日々刻々と価格が変動しますが、それも現金化されます。現金化されるタイミングは、遺族が加入者の死亡後に死亡一時金の請求をし、運営管理機関(iDeCoを取り扱う金融機関、証券会社や銀行など)が売却処理をした時点の価格になります。

 

死亡一時金を受け取るには?

  •  加入者の遺族が、死亡した人がiDeCo口座を開設していた運営管理機関(証券会社や銀行など)に、給付請求を行う必要があります。

 

必要書類としては、「裁定請求書」(死亡した人の住所、氏名、生年月日、死亡した人の基礎年金番号、死亡年月日などを記入)、死亡診断書、請求者と死亡者の関係を確認できる戸籍謄本などで、それらを運営管理機関に送付します。

 

  •  受け取れる死亡一時金の金額は、死亡した加入者がiDeCoで運用していた全資産の残高です。価格が変化する投資信託については、運営管理機関が売却処理をした時点での価格で計算されます。

 

  •  死亡一時金を受け取れる遺族の範囲、および優先順位は規定されています。もし、死亡した加入者が受取人を指定していた場合は、優先順位は適応されません。ただし、遺族の範囲内であることが条件です。指定していなかった場合は、下記の優先順位の順に受け取ることができます。

 

第1順位:配偶者(事実婚などの場合を含む)

第2順位:子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹(死亡した者の死亡した当時、主としてその収入によって生計を維持していたもの)

第3順位:前号に掲げる者のほか、死亡した者の死亡の当時、主としてその収入によって生計を維持していた親族

第4順位:子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹であって2に該当しない者

 

 

 

 

 

 

iDeCo加入時に注意したいこと

iDeCoの死亡一時金は、「みなし相続財産」として、一定額までが非課税となる税制優遇措置が適用されますが、加入者が死亡後、5年以内に給付請求が認められない場合は、普通の相続財産として扱われ、税制優遇の恩恵は受けられません。

 

 

これらの手続きを迅速に行うためには、加入者がiDeCoを行っていること、どの金融機関でiDeCoを運用しているかなどを、遺族が知っている必要があります。これらのことを遺族が知っていなければ、加入者死亡後に、バタバタすることは間違いありません。

 

そういう風にならないためにも、iDeCo加入時には、家族に加入したこと、どの金融機関を使うかなどのことは知らせておくことが大切です。

 

せっかく、自らや家族の老後の準備のために始めるiDeCoですから、自らの死亡によって受け取る死亡一時金について、相続人の納税負担を軽減するためにも、きちんとiDeCoのことは伝えておきましょう。

 

もちろん、誰もがiDeCoに加入するとき、自らの死亡のことなんて意識しないと思いますが、やっぱり、最低限のことはしっかり、家族と共有しておくことは重要です。

 

 

まとめ

 

iDeCoに加入中に、加入者が死亡した場合の、死亡一時金の金額や受け取り方法についてまとめました。

 

もちろん、こんなことは、誰も起こってほしいとは思っていませんが、誰にでも起こりうることではあります。「転ばぬ先の杖」という言葉かあります。怠らず準備をしておくことが肝心です。

 

また、家族の資産形成の話などは、生前、家族でしっかり話をしておくことが大切です。その中にiDeCoのことも忘れず、付け加えてくださいね。