iDeCoの活用法

「日本の年金制度は、大丈夫なのか?」という不安は、どの世代の人にもあります。とりわけ、若い世代は、その思いが強いように思います。

 

そんな世間の不安を逆なでするような発表が、金融庁からありました。「老後には、公的年金の他に2,000万円が必要」という発表です。その後、発表の内容を否定しましたが、「やっぱりな・・・」と思った方も多かったと思います。

 

iDeCoは、そんな不安を持つ世代、老後に向けた資産形成に関心を持つ人たちの間で注目され、運用を始めた人が急増しています。なんと、2019年5月には、加入者数は、125万人を突破しました。※直近の利用者へ置き換えてください

 

気になりながらも、一歩を踏み出せていないあなたのために、iDeCoの基本、活用法をわかりやすくご説明します。

 

 

iDeCoの基本をおさらい ~3つのメリット~

iDeCoは、平成13年に施行された確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度ですが、平成29年、30年に改正が行われ、iDeCoの活用の幅が広がりました。

 

iDeCoは、加入や掛け金の拠出、運用をあなた自身で判断し、行わなわなければなりませんが、他にもさまざまな資産形成の方法がある中で、iDeCoが選ばれるのには、iDeCoならではの大きなメリットがあるからです。

 

1.毎月の掛け金が全額所得控除の対象となる!

 

あなたが、iDeCoに拠出した掛け金は、全額所得控除されます。これはとても大きいメリットで、かつ所得が大きい人ほどメリットが大きくなります。

 

例えば、毎月の掛け金が1万円の場合、年間12万円が所得控除の対象となり、年末調整や確定申告で還付されます。ただし、掛け金には上限があります。

 

 

2.運用益も非課税で再投資に回される!

 

一般的に、投資信託や株式投資などの金融商品を運用すると、運用益に源泉分離課税20.314%が課税されますが、「iDeCo」の場合、運用益は非課税で、再投資に回されます。

 

例えば、運用益が1万円だった場合、iDeCo以外の金融商品なら、源泉分離課税されて、実質運用益は、7968円になります。一方、iDeCoの場合は1万円の運用益をそのまま再投資に回すことができます。ここでも、iDeCoのお得さが際立っています。

 

3.60歳以降に受け取る際にも、税制優遇が受けられる!

 

他の金融商品と異なり、iDeCoの場合は、受取り時にも税制優遇が受け取れます。iDeCoは、一時金、または年金として受け取れますが、一時金の場合は、退職所得控除、年金の場合は、公的年金等控除の対象となります。

 

ただし、以上の3点のメリットの他に、60歳までは引き出せない、状況次第では元本割れするリスクもあるというデメリットがあることも、理解しておきましょう。

 

 

3つのメリットを押さえたうえで、iDeCoをどう活用するか?

 

1.金融機関の選択は慎重に!

iDeCoを扱う金融機関は、数多くあります。どの金融機関を選んでも、基本的な税制上の優遇には変わりませんが、手数料などに差があります。

 

60歳まで引き出せないので、長いお付き合いになりますから、信頼できて、使い勝手のいいところを選ぶことが大切です。もちろん、途中で、金融機関を変更することはできますが、手続きや、状況次第では元本割れを起こすリスクもありますので、なるべく変えずに済ませたいですね。

 

ここでおすすめしたいのは、ネット証券です。ネット証券なら、手数料を低く抑えることができますし、ほとんどすべてのことがネットで完結します。忙しい現役世代には、これはうれしいですよね。さらに、投資初心者向けの無料セミナーやサポート体制がしっかりしていることも頼もしいです。

 

2.商品選びを慎重に!

iDeCoの運用先としては、投資信託、保険、定期預金の中から選びます。手数料や商品などを考え併せて決めましょう。

 

投資信託にも、さまざまな種類が用意されています。また、各金融機関によって取り扱い投資信託の種類が異なりますので、あなたのライフステージ、ニーズ、投資に関する意識などに合わせて、適切なものを選ぶといいでしょう。

 

ネット証券の中には、投資初心者向けの無料WEBセミナーを行っているところや、ロボアドバイザーがあなたの銘柄選びのサポートをしてくれるところなど、それぞれ工夫を凝らしていますから、大いに利用するといいでしょう。

 

3.毎月の掛け金を考えよう!

iDeCoでは、毎月の掛け金が全額所得控除されるという税制上の優遇措置がありました。ただ、いくらでも掛け金をアップすることはできません。上限があります。企業年金のない会社員の多くは、月23,000円、自営業者は月68,000円が上限です。

 

老後のための資産形成といっても、60歳までかけ続けなければならないことを考えて、無理のない金額を考えましょう。あまり無理をすると60歳までかけ続けられないなんてことにもなりかねません。まずは、無理のない金額から始めてみるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

iDeCoについての基本的なこと、活用の仕方についてまとめました。iDeCoに関心を持たれて、このサイトに来られた方のために、その他の詳細情報もまとめています。併せてご覧いただき、ぜひ、あなたの老後のための資産形成をお始め下さい。その一助になれば、幸いです。