40代におすすめしたいiDeCoの活用法

40代は、入ってくるお金=収入も大いに期待できる年代であると同時に、出ていくお金=支出も大いにかさむ年代です。

 

マイホームを購入した場合は、ローン返済に毎月追われます。一方で、子供たちの教育費がどんどん増す年代です。子供たちが、高校、大学と進むにつれ、教育費が、家計を圧迫するようになります。家のローンや教育費に負われて、計画通りに貯蓄することが難しい時期でもあります。

 

一方、20代、30代には感じなかった「老いの接近」を肌身に感じるようになる年頃です。20代では、自分の老後なんて想像すらできませんでした。30代には、「老いが近づきつつあること」をふとした瞬間に感じました。ところが、40代になると、自らの老いをひしひしと感じるようになります。

 

この時期に、自らの老後の設計、特に資金形成の計画を立てるかどうか、準備をするかどうかが、あなたやあなたのご家族の第二の人生が、どんなものになるのかが決まってくるといっても言い過ぎではありません。

 

ここでは、そんな大切な40代の老後の資金計画の一助となるiDeCoの活用法についてご説明しましょう。

 

〇 40代の人が、老後の資金計画を立てる際に気をつけたいポイント

 

iDeCoは、個人型確定拠出年金のことで、税制上のメリットがある私的年金のことです。iDeCoを活用することによって、税制上のメリットを受けながら、老後の資産形成を図ることができます。

 

iDeCoでは、月々の掛け金が全額所得控除、運用益が非課税、受取り時にも所得控除という大きな3つのメリットがあります。もちろん、60歳になるまで引き出せないというデメリットもありますが、逆に考えると、老後資金に手を出さずに手付かずのまま置いておけるというのは、メリットとも言えます。

 

特に、収入が増える40代にとって、掛け金が全額所得控除というのはとても効果的です。ただ、支出も増える時期でもありますので、資産運用は、家計を圧迫しない程度にしておくことが賢明です。

 

※ここで対象年齢向けのサービスを3つまでご紹介ください

 

書き方が不明な際は以下のフォーマットを参考に3社をご紹介ください

 

ここから————————-

金融名

金融会社サービスのイメージ画像

 

「サービスの特徴」

 

楽天証券でiDeCoを運用する一番目のメリットは、運営管理手数料が誰でも、条件なしで0円ということです。

 

iDeCoを利用する場合、月々口座管理料というものがかかります。これは、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関(信託銀行)、運営管理機関(銀行や証券会社などあなたが開設した金融機関)の3つの機関に支払われます。

 

国民年基金連合会には、一律103円、事務委託先金融機関(信託銀行)にもほとんどの金融機関が64円で、この二つについては、どの金融機関でも差はありません。

 

3つ目の運営管理機関に支払う費用が、月額0~450円程度と差があります。マネックス証券の場合、これが0円ということになります。

 

月額数百円の違いと侮るなかれ!iDeCoは、基本的に60歳まで運用するわけで長期間のお付き合いということが大前提です。月額数百円の違いも、1年で数千円、10年では数万円の違いになりますから、この部分は、要チェックです。

 

楽天証券では、制度のメリットを最大限に活用できるよう、月額の口座管理料は、1ヶ月171円(うち運営管理手数料は0円)にこだわりました。

 

「サービス内容を記載」

 

◇ 楽天証券でiDeCoを運用する場合の基本情報 ◇

 

加入・移管時の手数料:2,829円(各社共通)

口座管理手数料(月額):171円

運営機関変更時の手数料:4,400円

投資信託:31本

※AFリンク

 

 

ここまで————————-

 

 

 

〇 支出が増える40代に考えたいiDeCoの運用方法

 

40代では、リスクを抑えながら、資産の増加を目指すという方向性が望ましいです。

 

iDeCoには、定期預金や保険などの元本確保型がありますが、それらだけでは資産の増加はあまり望めません。さらに、インフレ率や手数料を差し引かれることを考えると、元本確保型だけでは、老後の資金を大きく伸ばすということは望み薄です。

 

それらをメインにしながら、ある程度のリターンが望める「バランス型投資信託」でも運用するといいでしょう。バランス型投資信託なら、元本確保型に比べると、ある程度以上のリターンが期待できます。それらを上手に組み合わせるといいでしょう。

 

もし、あなたが投資初心者で、どんな組み合わせでどんな商品を選べばいいかよくわからないなら、ネット証券会社などでは、無料のウエブセミナーやスタートセミナー、あるいはロボアドバイザーによる銘柄選びのサポートをしているところがありますので、それらを大いに利用するといいでしょう。

 

〇 40代はリスクをとった運用ができる最後の10年!

 

60歳でiDeCoで運用した資金を引き出そうと考えているなら、原則として10年間の通算加入者等期間が必要となります。

 

もし、40代からiDeCoを始めた場合、運用期間は約20年となります。50代になると、なかなかリスクをとる運用は難しくなります。50代以降になって、大きな損失を出したら、その損失を取り戻すのは至難の業です。40代なら、まだまだ損失をカバーすることも可能です。

 

そういう意味からも、40代というのは、リスクをとった運用ができるラストチャンスといえるかもしれません。ある程度の、ハイリターンにチャレンジできます。

 

前項でご紹介したバランス型投資信託なら、経済状況の変化に応じて、資産を買い入れる割合を自動的に調整してくれるようになっていますので、手間なしに任せておけます。投資ビギナーさんでも安心です。

 

 

さらに、バランス型投資信託の中のターゲットイヤー型投資信託なら、退職する年齢が近づくと、リスクを逓減するよう、自動的に資産配分が変更されるようになっています。

 

ターゲットイヤー型投資信託の場合、投資信託の名前の最後に西暦を表す数字がついています。この数字の年に、保有者が60歳になると想定して、資産配分が設定されていますから、あなたの退職年に合わせたものを選ぶといいでしょう。

 

40代は、公私ともに多忙を極め、充実した日々を送っておられることでしょう。その時、忙しさにかまけず、しっかりと将来設計を立て、それに合わせた資金計画を準備することが、第二の人生をどう過ごせるかにかかっています。

 

 

まとめ

 

40代という老後の資金形成においてはとても重要な年代における、iDeCoの活用方法をまとめました。

 

日々の生活や日々のお金の流れに飲み込まれることなく、また忍び寄る老いを恐れることなく、果敢に、綿密に老後の資金計画を立てましょう。iDeCoは、きっとお役に立つことでしょう。