30代におすすめしたいiDeCoの活用法

30代といえば、仕事も脂がのってきて、公私ともに、大忙し、充実の日々を送っておられる方も多いと思います。

 

20代の時のようにただ突っ走るだけでなく、30代になると、忙しく日々を過ごす中で、ふと将来のことに思いを馳せたりする瞬間があります。

 

あるいは、20代の時のように、体の無理がきかなくなってきて、ちょっと疲れたり、病気になったりしたとき、「このまま、歳をとったらどうなるんだろう?」と弱気の虫がむくむく出てきたりします。

 

そんな時にこそ、日々の暮らしに流されずに、将来のことを考えたライフプランニングを始めましょう。ライフプランニングを考えるときに、老後の資金形成のことも、そろそろ本気で考え始めましょう。30代は、決して早すぎません。逆に、少々遅いと言わざるを得ないかもしれません。でも、大丈夫!まだまだ挽回可能です。

 

ここでは、30代の方におすすめしたいiDeCoの活用法をご紹介します。

 

 

〇 30代といっても、人によってライフステージがさまざま!

 

30代ほど、人によって、ライフステージがさまざまという年代も少ないでしょう。仕事を始めてから十数年が経ち、仕事も充実し、収入も増え、会社での責任も大きくなってくる頃です。

 

一方、私生活では、結婚して、複数の子供がいる方から、DINKSで二人の生活をエンジョイしている方、まだまだ独身生活を謳歌している方までいろいろです。

 

また、マイホームを買った、子育てにお金がかかるなど出費が増える時期でもあります。

 

30代と一言で言っても、人それぞれのライフステージに合わせた老後のための資金計画が必要です。一方で、ライフステージのいかんにかかわらず、30代としての老後の資金計画が大切ということもできます。

 

いずれにせよ、公私ともの忙しさにかまけて、老後の資金計画を考えないまま、40代を迎えてしまったということにはなりたくありません。

 

そうならないために、30代におすすめしたいiDeCoの活用法をご紹介します。

 

 

〇 状況を踏まえて、低リスクの資産形成を!

 

30代は、仕事面で収入もアップする時期です。ただ、マイホームの購入や、子育てなど出費も重なります。

 

しかし、この収入が多い30代だからこそ、充実した老後のための資金計画を始める時期です。そのためには、税制のメリットがあるiDeCoの活用も考慮に入れるといいでしょう。

 

iDeCoとは、個人型確定拠出年金の愛称です。月々の掛け金が全額所得控除され、運用益は非課税、60歳の受取り時にも所得控除が受けられるメリットが大きい私的年金です。

 

iDeCoは、自分で掛け金の額を決め、運用商品を選択します。運用益が非課税というメリットを享受するためには、投資信託を選択しましょう。ただ、投資信託の場合、元本割れのリスクもあります。

 

また、30代ともなると、iDeCoとは別に株式やFXなどで運用している方もおられるでしょう。そんな方の場合は、iDeCoでは、あまりリスクを取らないで、リスクを抑えた投資信託を選択するのがいいでしょう。あるいは、元本確保型の定期預金や保険といったiDeCoもあります。とはいえ、一つの商品に絞るのではなく、複数の商品で資産配分を考えるといいでしょう。

 

30代から始めても、iDeCoの場合、30年という長期のスパンでの運用になりますから、いろいろな投資をしている人にとって、iDeCoは、あなたの人生、あるいは老後を支えてくれるセーフティーネットとなるでしょう。

 

 

〇 積極的にリスクをとる運用方法にもチャレンジしてみよう!

 

前項では、自分で株式やFX、仮想通貨などハイリスク・ハイリターンの商品で運用している方の場合は、iDeCoでは、低リスクの商品でバランスをとるのがいいのではと、提案しました。

 

 

今項では、逆に、積極的に投資をしていない人の場合は、iDeCoで少々リスクをとる運用にチャレンジしてみるのもいいかもしれないと提案します。

 

30代からだと30年という長期のスパンでの運用になりますから、途中のアップダウンがあったとしても、最終的に収支バランスが取れるようになることが期待できます。

 

iDeCoの、運用益は非課税という税制上のメリットを大いに享受してみるのもいいでしょう。

 

リスクをとる投資信託といっても、国内株式、外国株式、国内債券、外国債券などいろいろなものがあります。その中でもバランス型投資信託なら、あらかじめ資産配分が決められているうえに、自動的に配分が変わるリバランスが取り入れられているため、自ら考えて行動する必要がありません。公私ともに忙しい30代にはうってつけの商品といえるでしょう。

 

iDeCoを30代で運用する場合には、あなたのライフステージや資産配分、資産に対する意識などを加味して運用商品を選択するといいでしょう。

 

※ここで対象年齢向けのサービスを3つまでご紹介ください

 

書き方が不明な際は以下のフォーマットを参考に3社をご紹介ください

 

ここから————————-

金融名

金融会社サービスのイメージ画像

 

「サービスの特徴」

 

楽天証券でiDeCoを運用する一番目のメリットは、運営管理手数料が誰でも、条件なしで0円ということです。

 

iDeCoを利用する場合、月々口座管理料というものがかかります。これは、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関(信託銀行)、運営管理機関(銀行や証券会社などあなたが開設した金融機関)の3つの機関に支払われます。

 

国民年基金連合会には、一律103円、事務委託先金融機関(信託銀行)にもほとんどの金融機関が64円で、この二つについては、どの金融機関でも差はありません。

 

3つ目の運営管理機関に支払う費用が、月額0~450円程度と差があります。マネックス証券の場合、これが0円ということになります。

 

月額数百円の違いと侮るなかれ!iDeCoは、基本的に60歳まで運用するわけで長期間のお付き合いということが大前提です。月額数百円の違いも、1年で数千円、10年では数万円の違いになりますから、この部分は、要チェックです。

 

楽天証券では、制度のメリットを最大限に活用できるよう、月額の口座管理料は、1ヶ月171円(うち運営管理手数料は0円)にこだわりました。

 

「サービス内容を記載」

 

◇ 楽天証券でiDeCoを運用する場合の基本情報 ◇

 

加入・移管時の手数料:2,829円(各社共通)

口座管理手数料(月額):171円

運営機関変更時の手数料:4,400円

投資信託:31本

※AFリンク

 

 

ここまで————————-

 

 

まとめ

 

30代のあなたにおすすめのiDeCoの活用法をご紹介しました。安心で十分な老後資金形成のためには、30代はとても大切です。

 

あなた自身がどんな老後を送りたいのかをしっかりイメージし、iDeCoを大いにご活用ください。きっと、iDeCoは、あなたの老後資金形成の一助になることは間違いありません。