MONTH

2021年10月

松井証券

当サイトでは老後の資金を用意するためにiDeCoを活用することで得られる税制上のメリットや優遇措置などについて説明してきました。   いろいろな金融機関でiDeCoを使うことができますし、基本的な税制上のメリットや優遇措置については、どこの金融機関を選んだとしても同じとなりますが、手数料や運用商品に関しては各社で違いがあります。   そのため、iDeCoを開設する金融機関につい […]

楽天証券

当サイトでは老後の資金を用意する為にiDeCoを活用する事が税制上で大きなメリットがある事を説明してきました。   iDeCoを運用しようと思った時、取り扱いのある金融機関は色々とありますし、各社とも税制上のメリットや優遇措置は全く同じ内容となっています。   しかし、手数料や運用商品については、金融機関によって違いがありますので、十分に検討し慎重に選択する事が大事になってきま […]

年末調整をすれば、税金が返ってくるか?

  iDeCoは、老後資金形成のための、自助努力の私的年金制度です。それを後押しするため、大きな税制上のメリットがあります。   月々の掛け金が全額所得控除される、運用益が非課税、受取り時の所得控除が大きなメリットです。このため、iDeCoは、老後の資金形成をしつつ、節税効果もあり、だんだん人気が出てきています。   ここでは、iDeCo利用者の年末調整の方法と、どの […]

ふるさと納税や住宅ローン控除との併用は可能?

節税やお得情報に敏感な方たちの間で、ふるさと納税の人気は不動のものです。ふるさと納税については、実施する自治体のやり過ぎなどが取りざたされることがありますが、納税する人にとっては、お得な返礼品は大歓迎です。   一方、住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して住宅を取得した人の金利負担を軽減するための制度です。   iDeCoの税制上のメリットとともに、どちらも賢く利用し、節税や、 […]

住宅ローン控除を併用するコツ

iDeCoは、大きな税制優遇を受け、老後のための資産形成を行うための私的年金制度です。将来の日本の年金制度に対する不安や、「年金以外に2000万円必要」という金融庁の報告で、公的年金以外に私的年金を準備しようという方は、どんどん増えています。まして、税制上のメリットがあるわけですから、利用しない手はありません。   一方、住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して住宅を取得した人の金利負担を […]

iDeCoの元本割れした時の対策法

iDeCoとは、3つの税制優遇を受けながら、老後のための資産形成を行う私的年金です。月々の掛け金が全額所得控除、運用益が非課税、受取り時も所得控除が、3つのメリットとなります。   iDeCoの商品には、元本確保型の定期預金や保険、そのほかに投資信託があります。定期預金や保険では、iDeCoの大きなメリットの一つ、運用益が非課税というメリットを享受できません。さらに、iDeCoには、口座 […]

iDeCo加入中に死亡したらどうなる?

iDeCoは、退職後の第二の人生を安定したものにし、充実した幸せな老後を送るために、資金を準備するための私的年金です。   現役時代に、iDeCo加入によって享受できる税制上の優遇を受けながら、老後資金形成を図ることができます。誰もが、老後を、第二の人生を楽しむために準備をします。   ところが、長い人生、途中で加入者が死亡するという不運に見舞われることもあります。起こってほし […]

iDeCoに加入する前に知っておきたい5つのこと

日本の公的年金制度に対する不安が増大する中、個人型確定拠出年金=iDeCoへの関心、期待が高まっています。2019年には、iDeCoへの加入者数が125万人を突破したのは、関心の高さ、期待の大きさの現れです。   銀行など金融機関の窓口には、iDeCoをすすめるパンフレットが置いてあります。勧誘の電話がかかってきたりもします。お昼休みに、iDeCoに加入したという先輩や同僚の話も聞こえて […]

iDeCoはいつから始めるべきか?

iDeCoとは、個人型確定拠出年金の愛称のことで、平成13年に施行された確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。   公的年金だけでは、老後資金が不安であり、老後のための資産形成をきちんと行っておきたいという人たちをサポートするための私的年金です。iDeCoには、加入を促すための、いくつかの税制優遇があり、加入者にとっては、それが大きな魅力になっています。   […]

iDeCoの活用法

「日本の年金制度は、大丈夫なのか?」という不安は、どの世代の人にもあります。とりわけ、若い世代は、その思いが強いように思います。   そんな世間の不安を逆なでするような発表が、金融庁からありました。「老後には、公的年金の他に2,000万円が必要」という発表です。その後、発表の内容を否定しましたが、「やっぱりな・・・」と思った方も多かったと思います。   iDeCoは、そんな不安 […]