楽天証券

当サイトでは老後の資金を用意する為にiDeCoを活用する事が税制上で大きなメリットがある事を説明してきました。

 

iDeCoを運用しようと思った時、取り扱いのある金融機関は色々とありますし、各社とも税制上のメリットや優遇措置は全く同じ内容となっています。

 

しかし、手数料運用商品については、金融機関によって違いがありますので、十分に検討し慎重に選択する事が大事になってきます。

 

ここでは、当サイトで1番のおススメ金融機関として紹介している楽天証券について解説していきます。

投資の初心者さんでも安心のサポート体制と魅力的な商品展開をしている金融機関ですので、どこで開設するのか迷ったら楽天証券を選択するのが良いと思いますよ。

 

 

楽天証券でiDeCoを運用するメリット その1

楽天証券でiDeCoを運用する一番目のメリットは、運営管理手数料が誰でも、条件なしで0円ということです。

 

iDeCoを利用する場合、月々口座管理料というものがかかります。これは、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関(信託銀行)、運営管理機関(銀行や証券会社などあなたが開設した金融機関)の3つの機関に支払われます。

 

国民年基金連合会には、一律103円、事務委託先金融機関(信託銀行)にもほとんどの金融機関が64円で、この二つについては、どの金融機関を選択してもほとんど差がありません。

 

しかし、3つ目の運営管理機関に支払う費用が、金融機関によって月額0円~450円程度と差がありますが、楽天証券の場合、この費用が0円ということになります。

 

たったの数百円の違いなので気にしなくても良いと思われるかもしれませんが、iDeCoは、基本的に60歳まで運用するわけですので、長期間の蓄積が大きな金額になる事となります。

 

月額で見ると、わずか数百円しか違いがありませんが、1年経てば数千円、10年も経てば数万円と、気付いたころには大きな差額が生じてきますから、運営管理手数料にかかる費用はきちんと考えておくと良いでしょう。

 

楽天証券では、制度のメリットを最大限に活用できるよう、月額の口座管理料は、1ヶ月171円(うち運営管理手数料は0円)にこだわっているようです。

 

 

楽天証券でiDeCoを運用するメリット その2

iDeCoを運用する金融機関を決めたら、商品を定期預金、保険、投資信託から選ぶことになりますが、金融商品のラインナップは、金融機関によって大きく異なる事に注意する必要があります。

 

楽天証券では、楽天証券経済研究所のエキスパートが選び抜いた32種類の商品がラインナップされています。

シンプルなインデックスファンドから、良好な運用実績を誇るアクティブファンド、オールインワン型のバランスファンドなど、中長期にわたる資産形成に役立てるコスト効率のよい投資信託が選ばれています。

 

1種類だけでもいいですし、複数を組み合わせたオリジナルのポートフォリオも作ることが出来るのも魅力です。

 

それでは、楽天証券の31種類の商品ラインナップをご紹介しましょう。

 

国内株式

三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド、たわらノーロード日経225、iTrust日本株式など6種類

 

国内債券

たわらノーロード国内債券、明治安田DC日本再建オープン

 

国内REIT

三井住友・DC日本リートインデックスファンド、野村J-REITファンド

 

海外株式

たわらノーロード先進国株式、インデックスファンド海外新興国株式など5種類

 

海外債券

たわらノーロード先進国債権、インデックスファンド海外新興国債権など4種類

 

海外REIT

三井住友・DC外国リートインデックスファンド

 

国内外株式

セゾン資産形成の達人ファンド、楽天・全世界株式インデックスファンド

 

コモディティ

ステートストリート・ゴールドファンド

 

バランス型

三井純友・DC世界バランスファンド、投資のソムリエなど5種類

 

ターゲットイヤー型

楽天ターゲットイヤー2030など3種類

 

 

楽天証券では、お客の年代やライフステージにあわせた資産配分を提案してくれてます。

 

 

楽天証券でiDeCoを運用するメリット その3

iDeCoを始めるときに1番大事なことは、どの金融機関を選ぶかという事だと思います。

なぜなら、iDeCoは60歳まで引き出すことは基本的に出来ませんので、運用している途中で金融機関を変更する場合、いろいろな手数料がかかってしまい、その時の相場次第では損失を出してしまう場合があるからです。

 

一度決めた金融機関をコロコロ変える事はリスクでしかありませんので、最初の金融機関選びがとても大切です!選んだ会社とは、長く付き合うことを覚悟してください。

 

その上で、金融機関の『親切さ』をポイントに考察してみると、楽天証券では、投資初心者が安心してiDeCoを活用できるように、スタートガイドや無料のウェブセミナーが開催されています。

iDeCoについて今は知識が無い方でもスムーズに始められるようにサポートしてくれる親切さが楽天証券にはあると思います。

 

さらに、楽天証券では、証券口座と年金口座をまとめて管理できるなど、使いやすさにこだわったサイト作りが心掛けられています。

証券資産と年金資産が別サイトになっている金融機関も珍しくありませんが、楽天証券では同一IDで管理できるので、資産状況の確認が便利なのもポイントです。

 

 

■ 楽天証券でiDeCoを運用する場合の基本情報 ■

加入・移管時の手数料:2,829円(各社共通)

口座管理手数料(月額):171円

運営機関変更時の手数料:4,400円

投資信託:31本

※AFリンク

 

 

まとめ

楽天証券で、iDeCoを運用するメリットや、各種手数料などの基本情報をまとめました。

 

各金融機関は、さらなる顧客獲得にむけて独自の特徴やメリットを打ち出しています。それぞれの金融機関のメリットを比較検討して、あなたのニーズに合った金融機関、安定して長く頼れる金融機関をぜひ見つけてください。

 

楽天証券は、あなたのニーズや信頼に十分にこたえてくれる証券会社の一つだと言えます。iDeCoを運用する金融機関に悩んでいる場合は楽天証券を選択してみてはいかがでしょう。