松井証券

当サイトでは老後の資金を用意するためにiDeCoを活用することで得られる税制上のメリットや優遇措置などについて説明してきました。

 

いろいろな金融機関でiDeCoを使うことができますし、基本的な税制上のメリットや優遇措置については、どこの金融機関を選んだとしても同じとなりますが、手数料や運用商品に関しては各社で違いがあります。

 

そのため、iDeCoを開設する金融機関については十分に比較検討し慎重に選ぶことが大事です。

 

今回は、初心者に人気の高い松井証券について、解説させていただきます。

 

 

松井証券でiDeCoを運用するメリット その1

松井証券でiDeCoを運用する一番目のメリットは、運営管理手数料が誰でも例外なく0円というところでしょう。

 

iDeCoを運用する際は、月々口座管理料という経費が必ずかかります。

これは、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関(信託銀行)、運営管理機関(銀行や証券会社などあなたが開設した金融機関)の3つの機関に支払われます。

 

国民年基金連合会には、一律103円、事務委託先金融機関(信託銀行)にもほとんどの金融機関が64円を支払う必要があります。

この2つの金額については、どの金融機関を選んだとしても差はありません。

 

しかし、3つ目の運営管理機関に支払う費用に関しては、選ぶ金融機関によっては月額0~450円程度と差がある訳ですが、松井証券の場合、これが0円ということになります。

 

「たったの数百円の違いか~」と思われるかもしれませんが、iDeCoは、基本的に60歳まで運用することが前提ですので、長いお付き合いになる事が決まっています。

 

ですから、運営管理手数料が月額数百円の違いも、1年で数千円、10年では数万円の違いになってきますので、この部分はきちんと考慮して、どの金融機関を使うかを決めることが重要になってきます。

 

松井証券では、月額の口座管理料は、1ヶ月171円(うち運営管理手数料は0円)とお得です。

 

 

松井証券でiDeCoを運用するメリット その2

iDeCoを運用する金融機関を決めたら、商品を定期預金、保険、投資信託から選びます。できるだけ増やしたいという方から、絶対に減らしたくないという方まで、運用に対するニーズには幅があります。また、お客様によって、金融商品に対する知識・意識にも違いがあります。

松井証券では、どんなニーズにも、金融商品に対する知識・意識の違いにも応えられる12種類を厳選しています。

松井証券では、信託報酬をできるだけ抑えた投資信託を中心とした12種類のラインナップを展開しています。なにより、どんな方にも納得していただけるわかりやすさにこだわりつつ、さまざまなニーズに応えられるラインナップです。

松井証券の12種類のラインナップをご紹介しましょう。

長期的な資産形成に適しているバランス型の8資産均等バランスSlim、国内株式の国内株式インデックスOne、ひふみ年金レオス、国内債券の国内債券インデックス三菱U、国内REITの国内リートインデックスたわら、海外株式の先進国株式インデックスSlim、新興国株式インデックスSlim、海外債券の先進国債権インデックスSlim、新興国債権インデックス三菱U、海外REITの先進国リートインデックスたわら、コモディティのゴールドファンド日興、そして、安全性の高い元本確保型商品として、元本確保型商品のみずほDC定期預金(1年)があります。

松井証券のHPでは、それぞれの商品の特徴が解説されていますので、併せてご覧ください。

 

 

松井証券でiDeCoを運用するメリット その3

iDeCoを始めるときに、どの金融機関を選ぶかは、とても重要です。というのは、60歳になるまで引き出せない、一度決めた金融機関を変える場合、いろいろな手数料がかかり、相場次第では、損失も出る場合もあります。

 

 

 

それらを考え合わせると、一度決めた金融機関をコロコロ変えないことが重要になってきます。そのためには、最初の金融機関選びがとても大切です。その会社とは、長く付き合うことを前提に選ぶことが重要です。

松井証券は、創業100年の歴史と実績を誇る証券会社です。時代の変化、時代の荒波を乗り越えて、健全に続いているのは、顧客からの信頼の証だと言えます。

松井証券なら、創業100年の歴史と実績がある老舗の証券会社で、健全な財務内容が自慢です。歴史と実績に裏打ちされて、iDeCoにおいても、すべてのお客様に最適なサポートができる体制があります。

iDeCoをはじめて始めようと考えておられる方には、松井証券はおすすめです。特に、WEBページが見やすく、操作しやすい点もおすすめポイントです。さらに、iDeCo専用ダイヤルによる万全のサポート体制も初心者にはうれしいポイントです。

 

■松井証券でiDeCoを運用する場合の基本情報■

加入・移管時の手数料:2,829円(各社共通)
口座管理手数料(月額):171円
運営機関変更時の手数料:4,400円
投資信託:11本

※AFリンク

 

 

まとめ

松井証券で、iDeCoを運用するメリットや、各種手数料などの基本情報をまとめました。

各金融機関は、さらなる顧客獲得にむけて独自の特徴やメリットを打ち出しています。それぞれの金融機関のメリットを比較検討して、あなたのニーズに合った金融機関、安定して長く頼れる金融機関をぜひ見つけてください。

松井証券は、あなたのニーズや信頼に十分にこたえてくれる証券会社の一つだと言えます。ぜひ、参考にしていただきたいです。