40代におすすめしたいiDeCoの活用法

40代は、入ってくるお金=収入も大いに期待できる年代であると同時に、出ていくお金=支出も大いにかさむ年代です。   マイホームを購入した場合は、ローン返済に毎月追われます。一方で、子供たちの教育費がどんどん増す年代です。子供たちが、高校、大学と進むにつれ、教育費が、家計を圧迫するようになります。家のローンや教育費に負われて、計画通りに貯蓄することが難しい時期でもあります。   […]

30代におすすめしたいiDeCoの活用法

30代といえば、仕事も脂がのってきて、公私ともに、大忙し、充実の日々を送っておられる方も多いと思います。   20代の時のようにただ突っ走るだけでなく、30代になると、忙しく日々を過ごす中で、ふと将来のことに思いを馳せたりする瞬間があります。   あるいは、20代の時のように、体の無理がきかなくなってきて、ちょっと疲れたり、病気になったりしたとき、「このまま、歳をとったらどうな […]

20代におすすめしたいiDeCoの活用法

「今、自分たちが年金世代を支えているように、自分たちが年金をもらうようになった時に、日本の公的年金制度は、自分たちの年金を支えることができるのか?」という漠然とした、しかし根深い不安が、特に若い人たちの間に広がっています。   もちろん、日本の公的年金制度が崩壊するということはありません。しかし、マクロ経済スライドの発動によって、給付水準が減るだろうということは予想できます。   […]

マネックス証券

老後資金を用意するために、iDeCoの税制上のメリット、優遇措置については、ご説明してきました。   いろいろな会社で、iDeCoを運用することができますし、基本的な税制上のメリット、優遇措置については、各社横並びで同じですが、手数料や運用商品は、金融機関によって違いがあるため、十分比較検討してから、慎重に開設することが望ましいです。   今回は厳選した低コスト商品のラインナッ […]

松井証券

当サイトでは老後の資金を用意するためにiDeCoを活用することで得られる税制上のメリットや優遇措置などについて説明してきました。   いろいろな金融機関でiDeCoを使うことができますし、基本的な税制上のメリットや優遇措置については、どこの金融機関を選んだとしても同じとなりますが、手数料や運用商品に関しては各社で違いがあります。   そのため、iDeCoを開設する金融機関につい […]

楽天証券

当サイトでは老後の資金を用意する為にiDeCoを活用する事が税制上で大きなメリットがある事を説明してきました。   iDeCoを運用しようと思った時、取り扱いのある金融機関は色々とありますし、各社とも税制上のメリットや優遇措置は全く同じ内容となっています。   しかし、手数料や運用商品については、金融機関によって違いがありますので、十分に検討し慎重に選択する事が大事になってきま […]

年末調整をすれば、税金が返ってくるか?

  iDeCoは、老後資金形成のための、自助努力の私的年金制度です。それを後押しするため、大きな税制上のメリットがあります。   月々の掛け金が全額所得控除される、運用益が非課税、受取り時の所得控除が大きなメリットです。このため、iDeCoは、老後の資金形成をしつつ、節税効果もあり、だんだん人気が出てきています。   ここでは、iDeCo利用者の年末調整の方法と、どの […]

ふるさと納税や住宅ローン控除との併用は可能?

節税やお得情報に敏感な方たちの間で、ふるさと納税の人気は不動のものです。ふるさと納税については、実施する自治体のやり過ぎなどが取りざたされることがありますが、納税する人にとっては、お得な返礼品は大歓迎です。   一方、住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して住宅を取得した人の金利負担を軽減するための制度です。   iDeCoの税制上のメリットとともに、どちらも賢く利用し、節税や、 […]

住宅ローン控除を併用するコツ

iDeCoは、大きな税制優遇を受け、老後のための資産形成を行うための私的年金制度です。将来の日本の年金制度に対する不安や、「年金以外に2000万円必要」という金融庁の報告で、公的年金以外に私的年金を準備しようという方は、どんどん増えています。まして、税制上のメリットがあるわけですから、利用しない手はありません。   一方、住宅ローン控除は、住宅ローンを利用して住宅を取得した人の金利負担を […]

iDeCoで元本割れした時の対策

iDeCoとは、3つの税制優遇を受けながら、老後のための資産形成を行う私的年金です。月々の掛け金が全額所得控除、運用益が非課税、受取り時も所得控除と3つの大きなメリットがあるのが特徴です。   iDeCoの商品には、元本確保型の定期預金や保険、そのほかに投資信託があります。定期預金や保険では、iDeCoの大きなメリットの一つ、運用益が非課税というメリットを享受できません。 さらに、iDe […]

人気記事ランキング